アタマジラミは女児ほど増えやすい?

髪が長く軟らかい女の子の方が好まれやすい

幼稚園によっては、毎年のようにアタマジラミの注意喚起を親御さんに対して行っているところもあるくらい、幼稚園や保育所に通う子供にとって身近な寄生虫です。

子供の間で多いのは、子供同士の距離が近い事、集団行動する事でのリスク、自覚が無い事などが有りますが、男の子と女の子では、女の子の方がアタマジラミが増えやすいようです。

一番の理由は、髪の毛が長いからです。

長い分、アタマジラミの活動範囲が広げやすく、同時に、産卵場所も豊富です。また、髪の毛がやわらかいのを好むらしく、これらの条件を踏まえると、女の子の方が特に注意しなくてはならないのかもしれません。

活発さという部分では、男の子の方が寄生するリスクが高そうに思えますが、寄生された後の環境という意味では、こればかりはどうしようもないのかもしれません。アタマジラミ自体、衛生上の問題は関係ありませんので。

虫に寄生されるという事は、自ずと不衛生という言葉が浮かびそうなものですが、アタマジラミや毛じらみなど人に感染するシラミには、関係無いだけでなく、田舎より都会の方が感染率が高いとも言われています。

万が一、アタマジラミ治療中の子供が他で居る場合は、遊ぶときも注意するように言う事は大切ですが、汚いというような印象を持たせないような心配りも同時に必要となってくるのではないでしょうか。

ですが、いくら予防を心がけようとしても子供がどこまで理解できているのかという問題もあります。

その点、ドクターズチョイスのシラミンシャンプーなら、シラミの嫌がる天然由来成分”ティーツリー”などを配合し予防効果もあるとの事です。

寄生された後のシラミ完全駆除を早く行うだけでなく、予防効果も有るとなれば、一つ常備しておく事での安心感は大きなものがあると思います。