シーツや枕カバーのシラミ撃退方法

熱湯と同じ温度なら乾燥機でも駆除できる

乾燥機でもシラミ駆除が可能という論文があるようです。
シラミが付着したシーツ、枕カバー、または、タオル、そして、衣服など。これらのシラミを退治するには、55℃以上の温水で10分間以上。

もしくは、同程度の温度の温風でも10分間以上で卵と成虫の両方を撃退できるとの事です。いずれにしても、55℃以上というのがシラミを駆除するボーダーラインなんだなという事がわかります。

これらに近い情報として、日本の皮膚科医のブログなどでも紹介されていて60℃以上で30分間以上だと、まず生存できないという事なので、同程度の温度設定が可能な乾燥機ならシラミを駆除できるという事になります。

毎日、洗濯しては乾かすというのが大変だというなら、乾燥機にかける方法なら、手間を減らせると思いますので、参考にしてみてください。

ただし、この場合の注意点としては、乾燥機のフィルターにシラミの死骸が増える事です。これは、シラミに限った話ではなく、場合によっては、ダニなども一緒に取り除ける事が考えられますが、結局、フィルターを掃除する手間が増えてしまうなんて事も考えられます。

どちらが良いのか考えなくてはなりませんが、熱による方法なら良いという事なら、この他にもスチームクリーナーの蒸気を利用する方法などもあります。

ただし、この場合も蒸気の当たらない部分にシラミが逃げてしまったら、結局、すべて撃退というレベルにまで行くか微妙なところですが、もしもスチームクリーナーをお持ちなら試してみる価値はあると思います。

実際、トコジラミという種類の場合には、家屋の細かい隙間に入り込んで生息する為、そこから追い出す為、駆除する目的でスチームクリーナーを用いる事が多いようです。

いずれにしても、熱による撃退方法を熱湯だけでなく、熱風やスチームなど、活用の幅が広がれは、シーツなどの対策は、やりやすくなるのではないでしょうか。