アタマジラミへの感染を予防するには?

日頃注意する事とこまめな洗濯

アタマジラミは、なんとなく人から人に感染するというイメージが強いそうですが、実際のところはそうでもないみたいです。なんでも、アタマジラミはダニやノミとは違い自分で移動して頭髪に感染するのではなく、接触によって感染することが大半だからです。

つまり、アタマジラミを持っている人のそばにいるくらいでは、感染する心配はほとんど無いんですね。

しかし、アタマジラミのいる部分と接触することで、感染してしまうことは十分考えられるみたいです。

しかも、アタマジラミは人の髪の上だけでなく、そこに接した枕カバーやタオルの上にもいる危険性があるのだとか(吸血をしなくてもアタマジラミは2~3日程生存しているそうです)。では、アタマジラミへの感染を予防するには、実際どういったことをすれば良いのでしょうか?

まず、アタマジラミを持っていそうな人(頭をさかんに掻き毟っている人など)には、なるべく接触しないことが大事です。

髪の毛と髪の毛が触れるような状態なら感染するリスクも高くなるかもしれませんが、頭をかきむしっている時に飛び散ったアタマジラミがたまたまくっついて感染するということもゼロではないのかもしれません。

限りなく0%に近いのかもしれませんが、万が一、そうした形で感染してしまっては元も子もありませんよね。できれば避けたいものです。

次に、そうした人が家族にいる場合は、枕カバーやシーツ、タオルなどを共用しないよう心掛けたり、それらを小まめに洗濯したりすると良いみたいです(選択前に60度以上のお湯に5分つけると良いそうです)。こうして見ると、感染予防のためにしなくちゃいけないことは、意外と多いんですね。

毎日洗濯することができないようなものであれば、スチームクリーナーのように、高温の蒸気を噴き出すことで一気に撃退することも可能です。

実際、アタマジラミではなくトコジラミというシラミの種類では、そうした駆除方法も行われているということでした。

ただし、これは、布団やシーツ、家屋などについている場合に限ります。

頭髪に直接蒸気を当てる様な方法は、かなり危険なので絶対にやってはいけないと思うし、熱いと感じない程度の蒸気であれば、結局アタマジラミも駆除できないので意味もないと思います。